上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
産まれたばかりの赤ん坊は、
脳から体を動かす信号を発信する機能が未熟なため、
自分の手や足を、自分の意思によって自由に動かすことが出来るということに
気づいていない。

つまり、自分に手や足が付いているという認識がないらしいのだ。

それが、生後3~4カ月頃になると
自分に手がついていて、それを動かせるということに気付き始める。

そして、不思議そうに自分の手を観察するようになる。

それを「ハンドリガード」というらしく、この動作は
ツユが生後3カ月の頃にも見られた。

DSC03412.jpg ツユがハンドリガードを始めた頃。

 私は
 「あ!ツユが自分の手を見つめてる!」
 と嬉しくて写真に収めておいたのだ。


そして、我が家の次女 ウメはまだ生後1カ月の生まれたてなので
当然そんなことするはずがない。

それなのに・・・

先日、ウメにミルクをあげていた時のこと。
半分くらい飲んだところで飲むのをサボりだしたので



 私は、グリグリと半ば強引に
 ミルクを飲まそうとしていた。

 グリグリグリグリと…。


そして、しばらくその攻防が続いた頃




 突然、目を瞑っていたウメが
 目を開け、哺乳瓶を両手で
 しっかりとつかみ、







 自分の口から ポンッと
 乳首を抜いたのだ。



私は驚いた。
だって、この頃の赤ん坊が自分の意思で思い通りに手を動かすことは
できないはずだもの…。


そして、驚いた私はウメの顔を見て、もっと驚いた


それはそれは冷静な目で 私を見つめていたのだ。

まるで、





とでも言っているかのように… 


思わず、「あっ、スイマセン…」って言っちゃったよ(笑)


ただの偶然だろうけども、なぜだろう…なんだろうこの敗北感…

かわいいかわいいフニャフニャの生まれたてのハズなのに
食べちゃいたいくらい可愛くて仕方ないのに、なんか見透かされたようで気まずかった…

スポンサーサイト
2010.07.15
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。