上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
先日、どうしても幼児を連れては行けない所へ 私用で出かけたので
駅前の保育園に、3時間程の 一時保育をお願いした。

保育士の先生にツユを託し、保育園を出ようとしたら



  とんでもない勢いで
  泣き叫んでいたツユ。


そんな泣き声を背に 出て行くのは辛かったけど、遅刻はできないので
ぐっと我慢してサッと保育園を後にした。

そして、3時間後 用事を終えた私は保育園にツユを迎えに行った。

迎えに行った時には、割と普通に遊んでいたのでホッとしたのだけど
ツユは私を見つけるなり


 安堵で顔をくちゃくちゃにして
 泣きながら駆け寄ってきた。



 どんな感動の再会だよと
 心の中で突っ込みつつも、
 やはり感動の再会。

 たった3時間離れてただけなのに



保育士の先生達に、お世話になりましたとお礼をして
ツユと家路につく。

そして、帰宅後

「今日はなにしてた?」 とツユに訊ねてみた。

ツユは、まだまだ接続詞なども覚えておらず拙い言葉しか話せないけど
保育園での出来事をツユなりに一生懸命説明してくれた。

(以下、訳付き)



 訳: 「うぇーんって泣いちゃったの。」


私: 「どうして泣いちゃったの?」



 訳: 「かか がいなくなっちゃったから…
     保育園のドアを開けてーって。
     かか開けてーって泣いたの。」



私: 「そっかぁー…今日はごめんね。あとは何した?」


 訳: 「ママとねぇねぇが おんぶしてくれたり
     おもちゃで遊んでくれたよ。」


きっと、ツユよりもお姉ちゃんと思われる子が
「ねぇねぇと遊ぼう」って遊んでくれたんだと思う。

それと、なぜか保育士さんを「ママ」と表現していたので、
保育士さんと、その女の子と遊んだと言っているんだと思われる。




 訳: 「給食も食べたよ!
     おさかな食べたの。
     それとお茶も飲んだよ。」





 訳: 「おしっこもして、
     おむつ取り換えてもらったの。」



要約すると、
最初は泣いちゃったけど、保育士さんとお姉ちゃんがおもちゃで遊んでくれて
給食では ツユが大好きなお魚を食べて お茶も飲んで
オムツも一度取り換えてもらった…と。


3時間のツユの様子が、ツユの説明だけで だいぶ見えたことに私はとても感動して
その日の夜中に、早速夫に報告した。


「ツユの、単語だけの説明で
保育園での様子が手に取るように解ったんだよ!!」 と。もう嬉しくて。

夫も、

「そうかぁー。本当に成長したなー」 と感心していた。


私は、ツユが意外と嬉しそうに説明するので、最後に


「楽しかった?」 と聞いてみた。

そしたら元気いっぱい 「うん!」 と首を縦に振った!


よかった。


再来年の幼稚園に向けて、少し明るい期待が持てたような気がする。

これから、たくさんお友達ができるといいね!


たった3時間だけど、頑張ったツユにご褒美として
帰りにお菓子を買ってあげちゃった。
本当に頑張ったね。おりこうさんだったよ!!sc03



スポンサーサイト
2009.08.22
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。