上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
リベンジ!

先月、友人と行くはずだった ランチブッフェに昨日行って参りました~

ヒルトンへ行ってきたんだけど、
並べられている料理がどれも素晴らしく美味しくて感動しちゃうくらい。

そして、平日ということもあってか
混雑しているわけでもなく、のんびりと広いレストランで
友人と楽しいひと時を過ごしてきたのでした。

今回一緒にランチした友人は、
もういよいよ10年以上の付き合いに突入したんだけど
いつ会っても、落ち着くというか 癒されるのです。

そんなステキ女子な彼女、出会いは16歳ピッチピチの時。
バイト先で知り合ったその時、彼女は仕事を教えて頂く先輩という立場で
実は、私は少し怖かったというか 少々ビビっていた。

当時はあまり 笑っているところを見たことがなくて
心なしか、いつも不機嫌そうな表情をしていたからだろうか。

でもある日、彼女とシフトが同じだった日に
あんまり覚えていないけど 何かのきっかけで
面白い事が起き、2人で大笑いしたことがあった。

それからというものすっかり仲良くなり、私は彼女のことが大好きになって
失礼なことに ヘンテコなあだ名まで彼女につけて
よく遊ぶようになったのだ。

そしてお互いにもうすぐ三十路手前・・・・・・の今になっても
私はヘンテコなあだ名で彼女を呼んでいるが
仲良くしてくれていることに本当に感謝している。

その時のバイト仲間は そこそこ皆仲が良かったけど
ここまで付き合いが続いているのは、唯一彼女だけだ。

歳を重ねると、出会いは宝だと 心底思う。


私は人見知りで友人の数も少ない方なので、なおさらそう思う。

昨日も彼女と楽しい時間を過ごし 癒された私は、
帰ってきてから ぼんやりとそんなことを思った。

いろんなことに気づけたり考えたりするこの頃。

歳をとるのも案外悪くないかもねー。



スポンサーサイト
2009.06.04
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。