上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
昨日の夜中、
さーて寝ようかね~と布団に入ろうとしたら
私の布団にツユが転がり込んで堂々と寝ていたので
抱っこしてツユの布団に戻そうとしたところ・・・




ツユがとても熱かった。

慌てて熱を測ったところ、39.5℃もあるではないですか!!

39度越えの熱はツユは生まれて初めてなので、
ちょっとビビったけど、落ち着いて観察してみると息も荒くないし
夜泣きをしているわけでもなく (つまり機嫌は悪くない)
一旦起こしてから とりあえず水分を補給させてもう一度寝かせ、
翌朝まで待ってから掛かり付けの病院へ行くことにした。

ただ、痙攣を起こさないか・・・それだけが心配だった。

しかし、過度に心配症の夫は

「病院へ行こう、夜間救急だ!」と、今すぐに連れていかなきゃといった感じで
あからさまな慌てよう。

まぁ落ち着いてくださいな、と状況を説明し
夫にも寝て頂いた。

そして、今朝早く起きて病院へ。

予防接種までして、さらにあんなに気を付けて予防していたのに
もしインフルエンザだったらどうしよう・・・と不安だった。

でも、病院で検査してもらったところ、インフルは陰性!!

突発性発疹の可能性がありますね、と。

3日前後高熱が続いたあとに、全身がブツブツになるらしい。

この突発性発疹の特徴は、高熱を出しているにも関わらず
食欲も落ちず、本人はいつもと同じように元気なところなのだそうだ。

病院から帰宅してお昼ごはんを食べさせたところ、完食したし
いつもと同じように教育テレビを見ながら踊っている・・・これはまさに・・・

とりあえず、また明日~明後日まで注意深く様子をみていよう。

数日後にブツブツが出たら突発性発疹確定・・・。

その場合は、特に何もしなくていいし あまり心配いらないらしい。


あぁ、インフルじゃなくてよかった・・・。

もしインフルだったとしたら・・・
ツユが辛いのが可哀相なのはもちろんのこと、
私の脳裏に母の顔が浮かんだ。




(ちなみに、断じて人混みへは行っていない)

先月から
「あんた達は大人だから熱出そうが自分で対処できるだろうからいーの!
 ツユの為に言っているんだよ。 人混みには行っちゃだめだよ」

と言われていたのを思い出したのだ。

もし言われなかったとしても、このインフル流行の時期に
子連れで人混みに行こうとは思わないけど・・・

先日も姉と話していた。
もし母がヨボヨボの老人になって、私たちが熟年者になっても
私たちはきっとよく叱られるんだろうねぇ~って
2人で爆笑しながら話していたところだ。

いくつになっても親は親なのだなぁ。

元気で何よりだけどね


さて!
ツユも早く熱が下がって完治しますように!!

今日は、求められてもいないのに、なんとなく心配でずっとツユを抱っこしていたので
腕が痛い・・・私も早く寝ようっと。


スポンサーサイト
2009.02.02
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。