上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
更新が遅れましたが、娘は回復し元気になりましたsc03

そして私にうつったのか 私も熱を出し寝込んでいたので
遅ればせながらの アップですsc07




さて、熱を出した娘を翌日に病院へ連れて行ったわけですが、
診察の際、

「インフルエンザ もしくは 黴菌に感染している可能性を見極める為に検査をしましょう。
 鼻の粘膜と、血液を採取しますね。」

と いうことになり、

 娘だけ、別室へ
 連れて行かれた。



まだ赤ん坊の娘は 言うことが聞けないので
無理矢理押さえつけられて 採血されることになるんだけど、
これは 親にしてみれば 見るに耐えられない光景なので
このように 別室に連れて行かれるらしい。


そして・・・





 響き渡る
 断末魔の叫び声・・・!!



最初は、
「おぉ、泣いてる泣いてる」
くらいの 軽い気持ちで 待っていたんだけど
思いのほか 娘が抵抗しているらしく、結構な時間が費やされた。

その間に 娘の鳴き声、いや、叫び声が 益々激しくなり、
私も心配になり ドキドキしてしまった。

そして、

「お母さーん、終わりましたよ~」

と中から 看護師さんの声が聞こえたので
娘を迎えに行くと、 押さえつけられていた腕と 顔を真っ赤にして
ひきつけでも起こしてしまうのではないかと思うほど
ヒクヒクしながら泣いているではないですかっ!

抱っこしてあげても
しばらくは ヒクヒクしながら 涙を流していた。

 かわいそうだけど
 仕方ない・・・。
 親としては、こんなこと
 この先何度も経験する
 気持ちなんだろうな。



娘よ、よく頑張った!

そして、検査の結果
インフルエンザも黴菌も 陰性ということで
ウィルス性の風邪と診断され、薬を出してもらった。

娘の採血された腕には

 アンパンマンのテープを貼ってもらったよ顔
 採血を頑張った勲章だね!!
 偉かったよアップロードファイル



それにしても、小児科の先生達って大変だろうなぁ・・・。

小児科医が激減しているという昨今、
大変な思いをしているのに 子供達には嫌われちゃうわで
本当にしんどい仕事なのはとてもよく分かりますが
私は とても尊敬します。


と、年始そうそう バタバタしたり 寝込んでしまったりと色々あったけど
また今年も頑張っていこう!


スポンサーサイト
2008.01.09
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。